bloglogo0.jpg

2014年09月30日

いつか玉子焼きに触れる日

おはようございます。
あらかじめ言っておきますね。
今回は愚痴のコーナー by 飼い主です!
インコちゃんの可愛い写真や仕草などをご期待された方は!
「今日のしぃちゃん」のコーナーまで流し読み推奨です!

それではペラペラ勝手に喋っていきます、喋らせていただきます。
原稿用紙にして軽く5枚分はやります。
暴走しすぎて罵詈雑言が飛んでくる可能性がありますので、
「今日のしぃちゃん」のコーナーまでいっそ読み飛ばしても構いません!

ふじとしぃら。
換羽のイライラのせいか、病気のカユカユのせいか、はたまた私達の育成方法のせいか、二人とも本格的に、言うことを聞かなくなってきています。
ある意味ブログタイトルらしさ(「なつかないセキセイインコは結局なつかないブログ」…じゃ無かった「なつかせるブログ」でしたね)が出ているのですが、青菜をあげている途中に手を噛んでくるし、ご飯入れ替えの時にケージを開けるや否やふじが飛び出してきて腕の上に居るしぃらに向かって飛びかかってくるし、そしてそのまま腕の上で大喧嘩するし、終始てんやわんや状態です(~_~;;

手に乗りながら、その乗っている人の手の上で突然暴れ始めて噛んでくる心境って一体何なんでしょうね。「せっかく手に乗ったのに何もくれないのかよコノヤロ〜」みたいな感じ? それともじーっとしてると足が痒くてイライラして、そのイライラの行き場を私の指に向けている感じ!?
私とて聖人君子では無いので放鳥中止してそのままケージにおかえりペナルティです。と、ペナルティのはずでしたが中に入って素知らぬ顔でご飯を食べ始めているじゃないですか。しまった〜っ反省するまでご飯を取り上げておくべきだった〜っなどと一抹の後悔をしつつ両手で頭を抱える私。時すでに遅しとはまさにこの事。
昨夜家族と話していたのですが、もしかするとこの子達にはセオリーが一切通用しないのでは無いか、と。

飼育本のしつけのページとか見ていると「こういう時はこういう風にすればいいですよ〜」と書かれていますが、どうにもその通りに実行してその通りになった試しが無いんですよね(泣) たとえば「指を噛んできたらグイッと指を押しつけるか、息を吹きかけて対処。あるいは噛まれても無視」というのがありますよね。そうする事で「あ、今じぶんよくない事をしたんだな」と学んで、そのうち繰り返せば噛まなくなるらしいです。
しかし、、さすがに2ヶ月近くこれを繰り返してるんだから、そろそろ君たち学んでもいい頃なんじゃないかと! 「コトノハさんは我慢が足りないんだよ、私達など3年かかったよ」という飼い主さんも当然いるかも知れません。私の我慢はいつか実を結ぶ、そう信じたいです。いや信じたいんですが、2ヶ月ブログを綴り続けて「野菜を食べる様になりました」と「機嫌のいい時は手と肩に乗る様になりました」だけしか成果が無いと、このブログを読んでくださっている読者さんに逆に不安と絶望を与えてしまいそうで怖いんですよね(汗)。この飼い主さんはダメダメなんじゃないかと。セキセイとは本当はなつかない鳥さんなのではないか?と。
インコちゃんとお喋りしたり、名前を呼ぶと返事をしたり、あるいは豆をキャッチする様な芸を覚えたり。2ヶ月どころか1週間で身につけたなんて飼い主さんも少なくないはず。本やブログなどで嬉々と戯れるインコちゃんを見てうらやましいなぁと思うんです。そして落ち込んでしまうんです。2ヶ月かけて野菜と手と肩の話だけで盛り上がれる私のブログはゴールに向けて順調そうに見えて実は低迷している気分に浸ってしまうわけです。

話がわき道に逸れすぎですね。失礼しました。
セオリーが通用しないと思い始めたきっかけは概ねそんな感じでしたが、原因の一つは何となく分かる気がします。飼育本は基本的に複数飼いを前提にしていないんですよね。詳細記載放棄で「複数飼いは推奨しません」などとだけ書かれている事も多いです。一羽飼いと二羽飼いでは最初から、環境から、全然やり方が違うのだと思います。だから両方を放鳥させている時に片方が飛びかかってきた場合の対処など書いていませんし、青いインコちゃんが黄色いインコちゃんにキックをかました時の対応も当然書かれていません。イライラインコちゃんがご飯を食べている時にスキスキインコちゃんがケージの外に絶えず貼り付いている時にはどう対応すればいいかなんて事も当然載っていません。この辺りの対応を結構"なあなあ"にしたまま育てている事もあって、育成本のセオリーが全く役に立たない可能性がある事を忘れていました。
複数飼われている飼い主さんのブログや体験談などをチェックしていると、インコちゃん同士で仲がいいケースが多い気がするんですよね。片方から蹴りが飛んでくる様子も、貼り付いているインコちゃんをクチバシでつつき落とす様子も、追いかけ回し追いかけ回されなんて様子も、どうにも見かけた事がありません。
「ふじとしぃらは仲が悪い」というわけでは、見た感じ……無い…とは、思うんですけどねー。。。
こういう時はどういう風にすればいいか、やはり私達が自分で判断して実行するしか無いんですよね。例えばご飯をお互い向かい合わせて食べさせる行為も、複数飼いのプロの目からすると本当はいけない事なのかも知れません。でもそれで結果ご飯を食べ進めてくれるのならそれでもいい気がする。そんな感じだからいけないのかなぁという不安もまた一つ出来てしまいます。

。。う〜ん、結局どうも脇道どころか目的地を見失って見当違いな建物にナビをセットしている感覚に陥ってしまいましたが、そろそろお開きとしましょう。どうでしょう、私達は前進しているんでしょうか、それともこの愚痴の様に行き場を失っているんでしょうか、そんな不安を抱えています。換羽のイライラも、疥癬のカユカユも、早く過ぎ去ってしまえばいいのに!そんな心境です。むしろここまで愚痴愚痴書いている私の方がイライラしているんじゃないの?といい加減突っ込まれそうですけど、私的にはイライラも無くは無いですが、この子達と仲良く出来ない切なさの方が勝っているんですよね。とりあえずは全部疥癬のせい!換羽時期のせい!終われば仲良くなる!というポジティブシンキングに切り替えて、このまま見守っていく事にしましょうか。。
駄文、失礼いたしました。

さ〜てお待たせしました、今日のしぃちゃんのコーナーです。

IMG_3811.jpg

なんとなく目がウルウルしていますね。
クチバシの調子は、、残念ながらあまり変わってなくも見えます。
しぃらは換羽や疥癬にかかる前から、片足立ちで休息する事が多いんですよね。なぜだろう?

実はほっぺたの白い毛の部分、なにげに好きです。
なんか玉子焼きみたいで、ふんわりしていて、とっても美味しそうじゃないですか!?
posted by コトノハ at 11:43 | Comment(7) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

ふじの朝は10秒チャージ?

おはようございます。
懸命に朝ご飯をもりもり食べるしぃらと、少し口をつけてすぐやめちゃう食べないふじ。
放鳥は食べてから!と言い聞かせていますが、「朝ご飯を食べて!」の「朝」と「飯」と「食べ」の間ぐらいですかさず「ピィ!」「ピィ!」「ピィ!」と合いの手を入れてくる様に鳴くので、まるで話に耳を傾ける気は無い様です。
というわけで、ちょっと会食をさせてみました。

IMG_3710.jpg

しぃらが真剣に食べている姿を間近に見る事で、ふじも食べ始めてくれるだろうと期待して。こうする事である程度食べてくれました! が、そのうち食べ飽きて餌箱にまたがりしぃらに向かって突撃。会食終了(-_-; 本当はケージの中で向かい合わせでご飯を食べさせる様に調整したい所。早く棚が欲しいんですよね。身内が一ヶ月ぐらい前に「作る」と言っていたのですが、、(汗)
ちなみにケージの中でご飯を食べる事に慣れていないインコさんの場合、外であげ続けるとケージに戻ってくれない事もあるらしいのでご注意くださいませ。

皆さんのインコさんは朝ご飯、きちんと食べていますか?

今日のしぃちゃんのコーナー。

↓9月29日AM8:00のしぃらです。

IMG_3698.jpg

頭を下げた正面からのしぃらはおまんじゅうの様に丸っこく見えるので、しぃらまんじゅうと呼んでいるこの姿。今日のクチバシの調子はどうかな? 最近換羽のせいかしぃらまんじゅうもいつもよりほっそりした印象を受けます。
細かいものばかりですが、しぃらの羽毛も随分溜まって(貯まって?)きました。

IMG_3719.jpg

ふじの羽毛も徐々に集まって来ていますよ!
posted by コトノハ at 08:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

STAY AWAY

おはようございます。
二人を一緒に放鳥させていると、ふじが一方的にしぃらを追いかけ回し、しぃらは威嚇しつつ逃げ回るのがパターンなのですが、もしかするとしぃらは自分の病気を移さないためにふじを遠ざけているのかな、等と考えるのは都合が良すぎる飼い主の願望でしょうか。
「そんな都合良く解釈するな〜!」と二人が怒って来そうですね。



この様子を見るとしぃらは結構ガチで嫌がってそうなんですよね。しかしこれだけ大立ち回りを繰り広げておいて、時には二人並んでのんびり休んでいる時間もあるので、本当にわけが分かりませんね(←前にも書いた気がする)

2014-09-28-9-38-28.jpg

ともあれ、そんな毎日を繰り返していたある日の出来事。
片方だけを放鳥させていると、ついに、ふじが実力行使に出ました。。((( ;゚Д゚))))



しぃらをケージから出そうとしたのか、あるいは自分が入ろうとしたのかは分かりませんが、その内本当に開けてしまうかも…。愛があればなんでも出来る!?
本当に開けてしまう日が来てしまったら、セキュリティは厳重にしなければですね(笑)。

気を取り直して今日のしぃちゃんのコーナー。

↓9月28日AM9:00のしぃらです。

IMG_3595.jpg

今日は「キリッ!」としてて超イケメンな引き締まった表情のしぃらが撮影出来たと思いません!?
旧式のiPhoneでがんばりました!!
相変わらずクチバシは残念ですが、病気にも換羽にも負けない強さがよく表情に滲み出ている気がします。
posted by コトノハ at 09:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | いこい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

宙を舞う豆苗

おはようございます。
ふじもしぃらも手に乗りにくくなった気がします(~_~;;
投薬時の保定以降、手を怖がる様になったのかも知れません。
信頼回復には時間が掛かりそうですね。。

最近しぃらの豆苗の食べ方についての発見がありました。
もしかしたらしぃらは豆苗より小松菜の方が好きなんじゃないか?と思えてきました。
豆苗を差し出すと、ふじもしぃらも物凄い勢いでムシャムシャかじり始め、むさぼり食べている様に見えるのですが、よく見るとしぃらの方は引っこ抜いては捨て、引っこ抜いては捨てを繰り返しているんです
ぜんぜん食べてないじゃないか〜!
単に遊んでいるだけなのか、ストレスのイライラでちぎり捨てをしているのかは分かりませんが、下に落ちた豆苗の量を見ると、あまり口に入っていない可能性が大です。ふじの方はちゃんと食べているのに。

小松菜の方は、食べ方は汚いですがきちんと食べてはいるんですよね。
この葉っぱの部分よりは、

IMG_3551.jpg

茎の方が好きみたいで、

IMG_3554.jpg

根元の方をよくカシカジしています。
しばらくそのまま放置していて、ふと見ると、

IMG_3557.jpg

小松菜が消えていました(笑)。
青菜は栄養があるからと言って少し食べ過ぎかな?
体重は8月末より減っていたので、まだまだ問題無いレベルとは思いますけどね。
野菜は出来る限り日変わりか2日変わりぐらいで、色んな種類を与えていく方針です。
(でもお高いですよね、最近のお野菜)

さて、今日のしぃちゃんのコーナー!

↓9月27日AM9:30のしぃらです。
2014-09-27-9-30-36.jpg

「朝はご飯以外目に入らない!」という感じで、食べている合間を縫って撮影。
ふじの方は学生やサラリーマンにありがちな「朝飯など食べぬ!」主義なのか、軽くパクついたかと思うとすぐケージの入り口に止まります。お腹は空いているはずなんですけどね。今日も絶賛出せ出せオーラを放っています。

ついでにそのふじもパシャリしておきますか。

2014-09-27-9-28-19.jpg

クチバシの状態はしぃらよりキレイですが、少しカサついた部分は上部に見られますね〜。
posted by コトノハ at 10:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

変化するものたち

おはようございます。
今朝はケージから出たしぃらがガブリと噛みついてきました。
イライラMAXでご機嫌ななめなので、少し落ち着かせてから放鳥タイムをとります。

今回は体重測定。
たまにスケールに乗せる事はありましたが、ブログ掲載用にときちんと測るのは随分久しぶりです。

2014-09-26 10 27 01.jpg

ふじ  8月23日 36g → 9月26日 35g

2014-09-26 10 33 57.jpg

しぃら  8月23日 33g → 9月26日 31g

減量しています。おそらく換羽の影響が大きいでしょう。
その他の8月末からの変化としては、青菜をかなり食べる様になったり、カロリーの高いオーツ麦やカナリーシードを減らしたり、アスレチックを使って以前よりも運動をする機会が増えたという事もあります。
病気やストレスのせいでは無いと信じたいです。体重はこの感じのままキープを目指したいと思います。

今日のしぃちゃん。

↓9月26日AM9:00のしぃらです。

2014-09-26 8 55 51 (1).jpg

相変わらずアップで撮影してみると、クチバシの荒れ具合が酷いですね。
イライラする気持ちも痒くてゴシゴシしたくなる気持ちも頷けます。

そう言えば昨日ふじのケージレイアウトを調整しましたが、しぃらのケージの方も止まり木の位置をうまく変更出来ましたので、餌箱をリニューアルしました。

2014-09-26 10 42 04.jpg

しかし、止まる位置は結局そこなのね、、
posted by コトノハ at 11:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

はねやすめ

おはようございます。
今日一日は療養と周辺の清掃消毒のため、放鳥無しのおやすみデー。
明日からは一人ずつ放し、少しずつその時間を増やしていく方向です。クチバシに疥癬の症状が見られるのはしぃらの方で、ふじの方のクチバシはそこそこキレイですが、

IMG_3536.jpg

二人で突っつき合ったり、たまに止まり木に顔をこすりつける様な素振りも見られるため、うつっている可能性大と判断して同じく治療に専念。本人は不服そうで朝から「出せ〜!」「早くしろ〜!」とギャアギャア暴れていますが、音楽とおもちゃと青菜でご機嫌をとるしかありません。
そう言えばまた青菜買ってきておかないと、、

ケージを消毒・洗った際に、ふじのケージレイアウトを若干変更。

IMG_3516.jpg

ご飯入れを止まり木の端に設置しました。やや補充がしにくくはなりましたが、こっちの方が食べやすそうですよね。
しぃらのケージの方は止まり木を引っかける位置の関係で、同様の場所に設置出来ず、変更無しです。

さて今日からはしぃらの顔アップ撮影で治療の経過観察を行っていきたいと思います。
夏休みの自由研究を思い出しますね。
名付けて「今日のしぃちゃん」のコーナー!
↓9月25日AM8:00のしぃらです。

IMG_3529.jpg

相変わらずご飯をムシャムシャとぱくついていましたので、食欲は落ちていません。ケージ内のおもちゃを調整するために手を入れた所ガブリと噛みついてきたので、昨日の出来事の影響で手を怖がったりなんて事も無い様です(汗)。ただ、換羽の影響でかなり細かな羽が落ちていますので、栄養管理にも気を配らないとですね。換羽はいつ頃終わるんだろう?
「今日のふーちゃん」は無いのかというお声が掛かりそうですが、いずれまた、あるいは不定期的に、という言葉でお茶を濁しておきます(笑)。
posted by コトノハ at 08:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

ドイツに感謝

こんばんは。ブログ開設から初めての夜の更新となります。
皆様ご心配おかけしてすみません!

疥癬症が疑わしいしぃらと、しぃらと突き合っていて感染している可能性のあるふじを動物病院につれて行って来ました。

しぃらのクチバシにこびりついている粉状の物を少し、採取して検査。
結果は予想通りでした。

IMG_3508.jpg

「ヒゼンダニ」という、肉眼では観察する事の出来ないダニが引き起こす病気です。
しぃらとふじの様に同じ室内でつっつき合っていたり、同じ青菜をかじり合ったりする事で、感染している鳥から感染していない鳥へとダニが移り、発症する事が多い様です。元々二人はペットショップで飼われていたので、他の鳥から移ったものが今まで潜伏していた可能性があります。
そして発症すると強いかゆみが出て、

IMG_3509.jpg

こんな風にケージや止まり木にクチバシをこすりつけたりするので、「あっクチバシ磨いてる〜、キレイ好きね〜♪」などと軽く見ていると、実は疥癬症にかかっていた、等というケースも多いらしいので、皆さんもご注意くださいね。なにより早期発見が大事です。酷くなるとクチバシが変形するそうです…

私達はあらかじめ下調べにより予備知識を得ていたので、お医者さんのお話はスムーズに理解出来ました。
投薬は飲み薬です。お医者さんの手の中でふじとしぃらがギェェェっとけたたましい鳴き声を上げましたが、無事終了。注射で無いだけまだマシですね(注射は副作用がきついのでしないでおきますとの事です)
治療費は3,500円程度でした。10日〜2週間後にもう一度投薬となります。

帰宅後、しぃらとふじが「使っている場所」「触れた場所」「噛んだ場所」etc..をすべて「熱湯消毒」となりました。それらにダニが付着している可能性があるためです。ケージや止まり木は勿論、おもちゃ、エサ入れ、バードアスレチックに至るまで全て徹底的に沸騰したお湯につけます。床・壁の拭き掃除も忘れずに。ダニの無い環境、を作り出すことが必要不可欠だそうです。

IMG_3513.jpg

食べかけのかじりま専科含め、幾つかの物がさよならとなりました。
ケージにセットされていた止まり木も熱湯により変形してしまいました(-_-;;
しかし、さすがドイツのおもちゃと止まり木!!強かったです!!
某ホームセンターで購入した某国産の木などは茶色いアクが染み出していましたよ、、、

IMG_3512.jpg

最近の二人のイライラの原因は換羽期と重なって、ずっと病気で痒かったからかも知れませんね。
ひとまずは経過観察となりますが、早く二人が元気になって、元のキレイなくちばしで美味しいものを食べられますように。
しばらくの間は二人同時の放鳥などはなるべくお預けとし、栄養補給と休息を充分に与える方針です。ですが出来るだけこの子達のストレスにならない様、見守っていきたいと思います。
posted by コトノハ at 21:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

かさかさしぃら

おはようございます。
今回別の記事を書く予定でしたが、ちょっと気になる事があったので先に書いてみます。

しぃら 9月2日の写真
IMG_2953.jpg

しぃら 9月23日(今日)の写真
IMG_3455.jpg

こうして比較して見ると一目瞭然なのですが、しぃらのクチバシがかなりカサカサしているというかブツブツしているというか、粉がこびりついた様な感じになっている事に気付きました。
気になって調べてみると「疥癬症」の可能性があるとのこと。ただ、検索した画像が結構症状の酷そうなものばかりで同じ病気かどうかは判断しにくいのですが、どの子もかなり痒そう。。

単に乾燥していて換羽期によく見られる現象であれば良いのですが、病気ですと即病院連れて行かないとですね。。しぃらは痒そうなそぶりはあまり見せず、ただ、イライラしている節がある様な気もします。
お仕事が終わり次第、緊急家族会議を開きます。
posted by コトノハ at 10:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

ぽかぽか

ふぁ〜〜〜〜〜〜……

IMG_3378.jpg

……あ、おはようございます。
ふじが変顔あくびをするほどに眠い、秋の朝です。
お昼間はまだまだ暖かくて、特にウチはパソコンの電源が常時入りっぱなしという事もありむしろ暑いぐらいなのですが、朝晩は結構冷えるため「そろそろ冬支度を考えなければ」と、今回は冬場にケージに取り付けるヒーターを検討しています。
ケージの中に取り付けている例もかなりあるみたいですが、安全のためにも外側に設置したい所。あと、ケージ1台につき1個設置するのはかなりコストが掛かってしまう事もあり、とりあえずは2つのケージの間に設置をしてみて様子見の予定です。イメージ的にはBudgeriGardenさんが設置しておられるヒーターの場所がイメージに近いですね(詳しくは検索を)。

amazonで検索してみると色々出てきますが、
一般的によく見かけるのが、↓こういうやつですよね。これは「電球型」というタイプです。

アサヒ ペットヒーター 60W -
アサヒ ペットヒーター 60W -

あと、温度が上がり過ぎor下がり過ぎている時のためにサーモスタットも必要ですか。
一体型は無いんだろうか、、(あったしても高いんだろうな〜)

アサヒ 電子サーモスタット -
アサヒ 電子サーモスタット -

この二点。メーカーちょっと検討してみますが、皆さんおすすめの物はありますか?
W(ワット)数にも色々ある様で、どれが最適なのか慎重に考えなければいけない最近の課題の一つです。
posted by コトノハ at 11:33 | Comment(8) | TrackBack(0) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

根を断って葉を枯らす

おはようございます。
先日の「犬も食わぬ」の記事でも書きましたが、引き続き放鳥中の二人の喧嘩について、その続きです。
ちょ〜っと重いお話かも知れませんので、争いなんて見たくない〜っ!って方は読みとばし推奨です!

たとえばこういった感じで青菜を食べている時、

IMG_3394.JPG

そのまま仲良く自分の場所だけを食べていればいいのですが、ふじが食べている場所にしぃらが、あるいはしぃらが食べている場所にふじがわざわざ近づいて行って、奪い合いの喧嘩になる事が非常に多いです。その際、結構くちばしでの突き合いが激しく、争い合う声もとても痛々しく、見ていられません。思わず「こらっ、やめなさい」と叱ってしまう事もありますが、そんな声も届いていません。そのまま放置していると、大抵はふじに押されたしぃらがケージの上から落ちるか、二人揃ってケージから飛び下りて終了…。



まだまだ生後5ヶ月で、こういった反抗期・イライラが募る時期なのかも知れませんが、互いのくちばしで目を突いたり、上からの転落で骨折しないか…などと心配になります。こういう時の対応って本当難しいですよね。ある程度時間が経過すると、二人とも並んで静かになるんですけどね。ガキ大将同士の喧嘩かってぐらい。毛づくろいし合ったり。でもどういうタイミングか突然謎のスイッチが入って、再びこういった喧嘩になります。

換羽期のしぃらを保護するため、放鳥しない、あるいは一人ずつ放鳥する様にもしてみましたが、今度は一日中鳴き止まず(動画参照)、それがあまりに酷かったので二人とも出す事にしました。二人の放鳥の時は喧嘩さえなければ静かになる時間は多いみたいです。

一日中監視しているわけにも行かないんですよね。反抗期、イライラ期が過ぎ去りずっと仲良くなる日を待つしか無いのかも知れませんが、いま飼い主として出来る事は何か? 難しい問題です。単に「カルシウムが足りていない」などといった栄養的問題で解決出来るのであればいいんですけどね。
posted by コトノハ at 09:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする