bloglogo0.jpg

2014年08月25日

【まとめ】与えていいとされる野菜のまとめ(2014/09/05更新)

緊急企画!
一般的に「与えていい」とされる野菜、また「与えていい野菜」とされている情報のうち賛否両論のあるものもまとめています。「与えてはいけない野菜」についてはひとまず書かない方向とし、少なくとも主はこのリストに載せていない野菜は食べさせません

与えていい野菜(五十音順)
○アスパラガス
○枝豆(豆類に含まれるレクチンが毒性。必ず茹でる)
○大葉
○オオバコ
○オカヒジキ
○カブの葉
○カボチャ(茹でる。糖分が多いのでおやつ程度に)
○グリーンピース(加熱済みのものを)
○クローバー
○小松菜
○さつまいも(茹でる)
○セロリの葉(スジや繊維は取る)
○そら豆(茹でる)
○大根の葉
○ターサイ
○たんぽぽ
○チンゲン菜
○豆苗(メスのみ発情を促すことも。与えすぎ注意)
○トウモロコシ(加熱するとそのうでカビが生えやすいため生で与えるのがいいとの情報)
○ニンジン(葉と頭にシュウ酸。真ん中から先までの部分を与える)
○ハコベ
○バジル
○パプリカ
○ピーマン
○ブロッコリースプラウト
○まびき菜
○水菜
○三つ葉
○ミント
○ヤングコーン(茹でる)
○ラベンダー
○ルッコラ

与えていい野菜の内、賛否両論のあるもの(五十音順)
△かいわれ大根(辛すぎてそもそもあまり食べないとの情報)
△キュウリ(水分が多いので与えすぎ注意)
△空心菜(シュウ酸あり。与えたい時は茹でる)
△春菊(食べた直後に日光浴させない方が良いとの情報)
△トウガラシ(器官に炎症がある場合は与えてはいけない)
△トマト(酸性なのでよくないとの情報。賛否両論)
△ニンジンの葉(シュウ酸が多い)
△白菜(栄養価が低く水分が多いので与えすぎ注意)
△パセリ(食べた直後に日光浴させない方が良いとの情報)
△ブロッコリー(甲状腺腫を誘発する物質ありとの情報)
△レタス(栄養価が低いので与える価値は殆ど無い)

この他、情報提供お待ち致しております。

※上記は様々な文献およびインターネットで収集した情報からまとめたものです。注釈のある野菜以外でもまだまだ賛否両論はあるかと思いますが、万が一問題が発生しても当方では責任は負えませんので、あくまでも参考文献の一つとしてお読みくださいませm(__)m
posted by コトノハ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

なるほど、こういう情報はいろんな方の参考になりますね。
うちでは、この他、春先には春の七草に数えられる「セリ」や、オオバコなんかもあげています。
ハコベもそうですが、意外に野草は好評です。
私が最初に購入した飼育本には、「季節を感じられる野草は与えた方がよい」と記載されていました。
そのほか、ナズナやシロツメクサ、エノコロソウ(ねこじゃらし)なんかも喜ばれるようです。

何がお気に入りになるかは、その子によって違うのでわかりませんが、何かこの子たちにもお気に入りができるとよいですね。
Posted by あおい at 2014年08月26日 06:40
>あおいさん
こんにちは。
野草全般は全て網羅するとかなり大変な事になりそうなので、スーパーで買える範囲の物を掲載していますが、季節の野草はなかなか評判良さそうですよね。
好みもインコさんによって千差万別ですが、いろいろと試せることが分かって、楽しみが増えました。
Posted by 飼い主@コトノハ at 2014年08月26日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404337296

この記事へのトラックバック