bloglogo0.jpg

2014年12月12日

険悪と発情のあいだ

おはようございます。といってももう16時。
いつも撮影に使っているiPhoneの容量がついに満杯になり、
「これ以上は撮れません!」と怒られてしまいました。
写真が約2500枚、ビデオが約505本。
ほぼふじとしぃらの写真とビデオだけで容量を食い尽くしている感じです。
128GBの一番容量の大きなiPhoneを買っていたんですけどね〜、、
撮り過ぎてバックアップも大変そうです(>_<;;

というわけで整理を行っていたのですが、こんな懐かしい動画が出て来ました。
多分これ非公開だったと思うのです。
撮影日は8月6日。すなわち4ヶ月前。
ふじとしぃらがまだ仲良くしていた頃の動画です
今はもうこんなシーンを見ることが出来ませんので、超貴重!永久保存版!と言えます。



二人ともかなり幼いです!
もうこんなラブラブな光景を見る事は出来ないのかなぁと思うとかなり悲しくなります。
今やふじが近づくとしぃらが逃げてギャァスカギャァスカ暴れまくるので、、。
やはり成長により自我が芽生えて、気の合わない二人になってしまったのでしょう。
「複数飼いはインコちゃん同士が仲良くなり過ぎて飼い主に見向きもしない」って法則がありましたけど、今はふじ・しぃら・飼い主の三者間でギスギスムードになってしまっている状態。もう少し時が経過すれば意識が変わってくるのかも知れませんが、みんなが仲良くなる方法ってやっぱり無いんでしょうかね。

ふじがしぃらを見て興奮して近づき、しぃらがふじから逃げたり興奮して飛び回ったりしている事から、一応は「発情期」である可能性も考慮しているのですが、具体的な発情行動らしい物が本当見られず、家族共々、確信を得るに至っていません。物や飼い主家族に対する発情、という線はとりあえず無さそうです。
ネットで調べてみた結果、発情期の対策としては、
・体重を増やさない
・おやつを与えすぎない
・メスの背中をなでない
・睡眠時間(暗くなる時間)を十分取る
・夏は涼しくし過ぎず、冬は暖かくし過ぎない
・小さなストレスを与えて、常に安心して過ごせる環境にさせない
こういった物があるそうですが、体重はキープ。おやつもほどほど。背中はそもそも撫でさせてくれる事が殆どなく。最近は19時半前後には寝かせて、翌朝8時過ぎに起こしているので、睡眠時間は十分取れているはず。
しかし最後の2項目についてはかなり難しいですね。極端に暖かいという事は無いのですが、部屋が寒いと我々が風邪を引いてしまいそうですし。極端な温度設定にはしていないつもりです。
「小さなストレスを与える」その度合いも難しそう。おもちゃを入れ替えたりケージを入れ替えたりするのがベターらしいですが、実際の所どうなんでしょうね。嗚呼、近くにこの手の専門家が欲しい…(T_T;;

さきほどとの比較と言うわけではありませんが、今日の動画もアップしておきます。
これは本当に発情? それともただの喧嘩? 明らかにラブラブでは無さそうですが…

posted by コトノハ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410528170

この記事へのトラックバック