bloglogo0.jpg

2015年09月07日

ふじのお友達大賞

おはようございます。
9月に入ってから雨が多くなり、ようやく涼しさが顔を覗かせて来ましたね。とは言え台風が接近している様で、浮かれてばかりも居られない気分。適度なお日様と適度な雨様をお願いしたいですね。

ふじの体重は現在32g。二週間で8g減です。
食事量も二ヶ月前に計った時は一日3〜4gでしたが、今は1〜2g程度となっている様子。ただ先日も書いた通り、食べている「ふり」では無くて、きちんと食べているし、きちんと飛んでいるし、体調不良にも見えないので、やはりしぃらが居ない事によるストレスが原因なのだと思うのですが、これが30g切って体調の変化もある様でしたらお医者さんに診せてみようかと思います。
ふじとしぃらは決して傍から見て「仲がいい」とは言えない様な微妙な関係(顔をつきあわせると噛み合ったり蹴っ飛ばしたりしぃらが逃げふじが追いかけ回すetc)でしたが、一人ぼっちになってしまうと張り合いが無いのでしょうね。傷心のふじ、なるべく早く新しい友達が欲しいです。ただ今すぐには新しい友達を迎えられない理由がありまして、これがまたちょっとタイミング的に本当に微妙な時期で、しばらくふじには一人ぼっちにさせてしまいますが、もう少し我慢。。

一応、家族内で挙がったお友達候補として、

エントリーNo.1 セキセイインコ

sekisei.jpg

1年以上育ててみて、勝手が分かっているので精神的には楽です。
お友達というよりは「ふじのお婿さん候補」という感じかも知れませんが、早い時期にお迎えすると男女の区別がつかないので、いざお迎えしたら女の子でしたーみたいな事になる可能性も大ですが、それはそれでお友達としてずっとふじの隣に。いずれにせよ心配なのは相性と鳴き声。

エントリーNo.2 オカメインコ

IMG_5567.jpg

見ているだけで癒やされる愛らしいチークパッチでおなじみオカメちゃん。
気弱そうに見えるので、臆病なふじとは和やかでいい友達になってくれるかも知れませんね。
オカメの知識は本で読んだりブログを見た程度ですが、割りと病弱なタイプなのでしょうか、そこが心配。

エントリーNo.3 文鳥

buncho.jpg

怖がりなふじには、ふじよりも小さいタイプの、まるで木彫りのおもちゃのようなこんな鳥はどうでしょう。ちっこいけれどしっかり者そうに見える文鳥さん。セキセイとは生まれ育った地域が違うため適度な湿気が重要。ピチャピチャと水浴びする姿も見てみたいですね。

エントリーNo.4 ヨウム

youmu.jpg

怖がりなふじは、自分より小さいものでも物凄く怖がる事があるので、それならいっそ思いっ切り大きい鳥はどうでしょう。という事で、ギョロ目の威圧感の割りには性格が温和とされているヨウムさん。最寄りのペットショップに一羽だけ居るのですが、家族が大のお気に入りです。集合住宅内で飼うのが難しいというのもありますが、このお値段だけで私達の一年分の食費は軽くまかなえますね。宝くじにでも当たらない限り、現状は難しそう……。

エントリーNo.5 飼わない

しぃらはふじの永遠のお友達。ここでお友達を迎える事は人のエゴでふじ自身は望んでいないのでは、何よりしぃらの方が寂しくなる、なんて考えた事もありました。
しかし最近留守番するふじをスマカメから見ていると覇気が無くなっているのは確実なので、ふじの元気のためにも、やはりお友達をお迎えするのが正解なのかも知れません。

果たして、栄えあるふじのお友達大賞は誰の手に?

最近放鳥中のふじをケージに戻そうとすると、戻りたがりません。ケージ入り口手前でズババッと逃亡します。繰り返すこと10回以上。ご飯でおびき寄せる作戦も今のふじには一切通用せず、根気強く繰り返すしか無いのですが…; メタルラックの上に乗られると本当に肩が痛い…
posted by コトノハ at 12:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ふじちゃんのお友達をお考えなのですね。

セキセイインコやオカメインコはともかく、異種間の鳥さんの場合、相性ももちろんですが、場合によってはケンカで大きな怪我をしてしまうこともあるので、気を付けてくださいね。

大きな鳥さんは、寿命も長く、それなりの運動量や環境がないとストレスをためやすいことと、ふじちゃんと一緒に放鳥は危険なことが多いので、お友達には難しいと思います。

ペットショップによっては、お家にいる子を連れてきて相性を見させてくれるところもあるそうなので、ふじちゃんを連れていって相性のよさそうなセキセイインコ(もしくはほかの小型の鳥さん)をお迎えするのが無難かもしれません。

毎日ふじちゃんをよく見ていて、勉強熱心なコトノハさんが決めたことならきっとふじちゃんにも良いことなのでしょうね。

いろいろおありのようですし、しばらくふじちゃんの様子をうかがいながら、じっくり考えるとよいですよ。
Posted by あおい at 2015年09月07日 14:28
>あおいさん
こんにちは〜。
そうなんですよね、相性もそうですが、血みどろの喧嘩にならない様に注意しないと、、 体格差のある鳥を飼う場合は一緒に放鳥するのは危険ですね。
ふじは特に怖がりなので、決定は慎重にしたいと思います〜。
Posted by 飼い主@コトノハ at 2015年09月07日 14:56

こんにちは。
ふじちゃん、やっぱり色々感じているのでしょうね…。

お友達、難しいですよね。
知人宅にオカメが二羽いますが、片方はほぼ病気知らずで元気満々、もう片方は病弱ビビリで大変のようです。
ただ、基本的には一歳になるまではセキセイよりかなり繊細、一歳超えればとても強くなるとのことで。
個人的にはいつかヨウムをお迎えしたいですが、やっぱり高額ですよねー…。
いつか、とか言ってるうちにこちらの年齢的に厳しくなっちゃいそうで。
大型のインコやオウム、夢です。

お友達をお迎えすること、個人的にはいいと思います。
うちは一羽ですけど、やっぱり元々は群れで生活する生き物ですから複数で飼うほうが、ってこれも人間のエゴですけどね。
あとは性質がおだやかさでいえば、クサインコ系とかでしょうか。
アキクサインコは小型で声も小さいそうで、セキセイさんと暮らしているブログなんかもみかけます。
もしお迎えに踏み切るのであれば、ふじちゃんぴったりのお友達(もしくはお婿さん)が見つかるといいですね。
Posted by とおる at 2015年09月07日 20:03
フジちゃん寂しいのでしょうね(T_T)

お迎えされたら相性があう子であってほしいですね(*^^*)

以前、私ももう一羽お友達を迎えようとペットショップにインコちゃんを連れていってしまいましたが、ペットショップなど鳥の集まるところは病気がうつるリスクもあるので連れていかないのが無難かなぁ…と思います。

ちゃんと検査されてるショップでしたら大丈夫かもしれません。

ペットショップでは相性よくみえても家では違ってたという話も聞きますので…。

お迎えした場合もすぐに一緒にしないで、健康診断で問題ないか確認されてからがよいようです。勉強会で、はっきり覚えていませんが1〜2ヶ月?期間は忘れましたが別々にしているほうがよいそうです。
Posted by ゆう at 2015年09月11日 19:31
>とおるさん
こんにちは〜。
オカメは繊細ですから難しそうですね。
ふじも結構繊細でびびりなので、相性的にはどうなんでしょう、、二人して顔を突き合わせる度にビビる様な事は・・さすがないとは思いますが(笑)
さすがにヨウムは大きすぎですけど、ロマンはありますよね。
ふじの体調は良さそうですが、体重がなかなか戻らないので、早いうちにお迎えしたいのが心情です。

>ゆうさん
こんにちは〜。
そうですね、健康診断をまず先にしないと、病気の感染が心配。ペットショップへ連れていくと確かに風邪がうつったりみたいな事があると大変ですね。
お迎えした場合もすぐには一緒にさせず、分けた方がいいのですね。なるほど、、勉強になります。
ありがとうございます!
Posted by 飼い主@コトノハ at 2015年09月12日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425489364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。