bloglogo0.jpg

2015年09月25日

ふじとしぃらのまとめ

おはようございます。
ブログを始めてから1年と2ヶ月が経ちました。
不安だらけだったセキセイインコライフでしたが、楽しい日々の連続でもありました。
今回はその日々の記録として、振り返ってみたいと思います。
文章オンリーなので、やや退屈するかも知れませんが;

2014年7月
一羽の迷い込みスズメの死がセキセイインコを飼うきっかけとなりました。知識よりも先に飼いたいという気持ちが先走り、2羽を迎える事となりました。
そしてその2週間後にブログ開設。当時は手に乗ってこないし指を差し出せば噛みつかれるし、まさに手のつけようの無い状態でした。発情期なのか、それとも反抗期なのか…全く分からず、ひとまず情報が欲しいと思い、立ち上げました。「なつかないセキセイインコ」を「なつかせること」がゴール地点。インコの可愛さをアピールするブログではなく、とにかく情報収集と葛藤と記録の場になればいいなと思っています。

2014年8月
放鳥中のふじとしぃらが隣の部屋に居た私の膝や肩に乗っかってきた! という嬉々な記事を書いたのが一番の出来事かも知れません。複数飼いの難しさに四苦八苦していた最中の出来事だったので、嬉しかったものです。
特に何をしたわけでもなく、普段通りにお世話をしていて唐突に乗っかってきたので、迎えた家に慣れてさえくれれば、自然となついてくれる生き物なのかも知れませんね。
しかしその一方で、朝鳴きに悩まされました。この頃と比べると最近は朝鳴きの勢いは治まりましたが、たまにするふじの呼び鳴きの声は部屋中に響き渡るほど大きな物です。集合住宅ゆえに、近隣の皆様本当申し訳ない……

2014年9月
しぃらが疥癬症という病気に罹りました。クチバシにブツブツの白い粉がこびりついて、とても痒そうでした。「今日のしぃちゃん」のコーナーを設立、毎日更新し、闘病の様子を綴っていました。
羽根の抜けもこの頃から目立つ様になってきて、特にしぃらは沢山羽が抜けました。いまも小ビンの中にコレクションしています。

2014年10月
冬に備え、ペットヒーターを本格的に準備しました。取り付けた初日、深夜にふじが大暴れするという事件もあり・・。あれはいまだに何だったのか謎。。
しかしそれよりも何もこの月の一番の事件は、しぃらが飛んだことです。ふじは飛んでいるのに何でしぃらは飛ばないのかな〜などと悩んでいた矢先に飛び始めたので、よく印象に残っています。

2014年11月
食欲の秋、ということで、食べものに関する考察が増えました。
おこのみ研究会と評して、ふじとしぃらのそれぞれの好みのご飯の種類を調べたりもしましたね。
メタルラックに色んな遊びを設置して、運動の秋にもなりました。

2014年12月
ふじとしぃらにとって初の年越しです。
寒さがどんどん勢いを増して来ており、この頃になるとペットヒーターが手放せません。ケージにビニールシートを巻き込みさらに保温力を高めました。

2015年1月
年明け。家族旅行に行くため、ふじとしぃらは実家に預け、初のお泊りです。
ふじ達は戸惑っていたかもしれませんが、遊びに来ていた親戚の子供たちは大盛り上がりだった様子。なかなか近くで鳥を飼っている家は無かったですからね。

2015年2月
しぃらがメガバクに侵され、体重が24gまで減ってしまってご飯も食べずに床でぐったり。そんな中見つけた動物病院さんへ入院させ、無事退院することができました。あの時は色々と本当に奇跡だったと思います。コメントのみなさんにも助けられ、感謝の言葉が見つかりません。戻って来た時のふじの嬉しそうな様子も忘れられません。

2015年3月
二人をペレット食に少しずつ慣れさせていくことに注力し始めた時期です。
そしてしぃらのメガバクが完治。退院後の放鳥は避けていたのですが、ようやく二人でバタバタと駆け回ることができる様になりました。この頃、ふじの発情が始まったみたいで、ろう膜の色が茶褐色に。発情に関しては特にそれ以外は何事も無かったのが救いです。

2015年4月
4月24日はふじとしぃらの記念すべき誕生日。
この記事同様、一年間を振り返っていました。気まぐれな二人のインコに悩まされながらも、楽しい日々を過ごしてきたその証です。

2015年5月
平穏な日々も束の間、しぃら2回目の入院。床で寝る様になっていたので、健康診断の時に入院となりました。
しかしこちらも比較的すぐに退院できました。調子が悪い時にぷくっと膨らませていたしぃらが、この日以降ピシっとする様になりました。
ふじの方は体重がどんどん増えてきておりダイエット問題に行き当たりましたが、今思うとしぃらに発情していたのが原因で増えていたのかな? しぃらが居なくなって体重が急激に減ってきた今だからこそ、そう思います。

2015年6月
多忙のためブログを書く回数も激減していて本当にすみません(>_<;;
ペレットを何とかして食べさせようと奮闘したり、二回目のお泊りもありました。
ふじとしぃらは特に健康を害することなく、生活している様に見えたのですが・・

2015年7月
破壊屋ふじのカジカジ事件。いや別に事件でも何でもないんですが。
ケージに設置したかじりっこバー。最近新しいものに変えたんですが、すっかりかじらなくなりました。これも発情していた時のイライラが原因でかじっていただけだったのかも知れません。
そして、ふじとしぃらのニコニコ生放送デビュー。少しの時間でしたが、映像で配信できて、うちの二人のリアルタイムの姿を見てもらえて、楽しかったです。

2015年8月
8月29日、しぃらが虹の向こうへと旅立ってしまいました。
この時の記事を見るたびに心が締め付けられるほど痛みます。
本当に急でした。私達は本格的に調子が悪くなる前に入院させたつもりなのに、しぃらの中ではすでに限界が来ており、それを隠していたのだと思います。
いまだに気持ちの整理がつきませんが、ふじのためにも私達が元気に頑張らないと。

さて一年間を駆け足で振り返ってみました。
まだまだ書き足りない事だらけですが、本当に長く長くなってしまいますので、この辺りでご容赦をm(__)m

そしてお知らせです。
当ブログ、10月に少しだけお休みをいただきます。
(と言っても今までも十分お休みだらけでしたから今更何を言うとツッコミが入るかもですが)
「なつかないセキセイインコをなつかせるまでブログ」に、もとい我が家に、
新しい家族が増える事となります。
「どんな鳥!?」とワクワクされる方も多いかも知れませんが、
これが何と人間の赤ちゃんなわけですね。
予定日がもうすぐそこまで迫ってきておりますので、
このまま無事生まれれば、10月の第一週にはInstagram上できっとお披露目できるでしょう。
生まれてすぐふじと一緒にはさせられないので、別居状態になるのはやや心苦しい現状ではありますが、ふじならきっと分かってくれるはず(強引)。

今後、育児ブログを兼ねる記事になったりするのかなぁetc現状ではまだまだ想像つきませんが、
あくまでもこちらではインコメインでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします!
posted by コトノハ at 12:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

ふじのお友達大賞

おはようございます。
9月に入ってから雨が多くなり、ようやく涼しさが顔を覗かせて来ましたね。とは言え台風が接近している様で、浮かれてばかりも居られない気分。適度なお日様と適度な雨様をお願いしたいですね。

ふじの体重は現在32g。二週間で8g減です。
食事量も二ヶ月前に計った時は一日3〜4gでしたが、今は1〜2g程度となっている様子。ただ先日も書いた通り、食べている「ふり」では無くて、きちんと食べているし、きちんと飛んでいるし、体調不良にも見えないので、やはりしぃらが居ない事によるストレスが原因なのだと思うのですが、これが30g切って体調の変化もある様でしたらお医者さんに診せてみようかと思います。
ふじとしぃらは決して傍から見て「仲がいい」とは言えない様な微妙な関係(顔をつきあわせると噛み合ったり蹴っ飛ばしたりしぃらが逃げふじが追いかけ回すetc)でしたが、一人ぼっちになってしまうと張り合いが無いのでしょうね。傷心のふじ、なるべく早く新しい友達が欲しいです。ただ今すぐには新しい友達を迎えられない理由がありまして、これがまたちょっとタイミング的に本当に微妙な時期で、しばらくふじには一人ぼっちにさせてしまいますが、もう少し我慢。。

一応、家族内で挙がったお友達候補として、

エントリーNo.1 セキセイインコ

sekisei.jpg

1年以上育ててみて、勝手が分かっているので精神的には楽です。
お友達というよりは「ふじのお婿さん候補」という感じかも知れませんが、早い時期にお迎えすると男女の区別がつかないので、いざお迎えしたら女の子でしたーみたいな事になる可能性も大ですが、それはそれでお友達としてずっとふじの隣に。いずれにせよ心配なのは相性と鳴き声。

エントリーNo.2 オカメインコ

IMG_5567.jpg

見ているだけで癒やされる愛らしいチークパッチでおなじみオカメちゃん。
気弱そうに見えるので、臆病なふじとは和やかでいい友達になってくれるかも知れませんね。
オカメの知識は本で読んだりブログを見た程度ですが、割りと病弱なタイプなのでしょうか、そこが心配。

エントリーNo.3 文鳥

buncho.jpg

怖がりなふじには、ふじよりも小さいタイプの、まるで木彫りのおもちゃのようなこんな鳥はどうでしょう。ちっこいけれどしっかり者そうに見える文鳥さん。セキセイとは生まれ育った地域が違うため適度な湿気が重要。ピチャピチャと水浴びする姿も見てみたいですね。

エントリーNo.4 ヨウム

youmu.jpg

怖がりなふじは、自分より小さいものでも物凄く怖がる事があるので、それならいっそ思いっ切り大きい鳥はどうでしょう。という事で、ギョロ目の威圧感の割りには性格が温和とされているヨウムさん。最寄りのペットショップに一羽だけ居るのですが、家族が大のお気に入りです。集合住宅内で飼うのが難しいというのもありますが、このお値段だけで私達の一年分の食費は軽くまかなえますね。宝くじにでも当たらない限り、現状は難しそう……。

エントリーNo.5 飼わない

しぃらはふじの永遠のお友達。ここでお友達を迎える事は人のエゴでふじ自身は望んでいないのでは、何よりしぃらの方が寂しくなる、なんて考えた事もありました。
しかし最近留守番するふじをスマカメから見ていると覇気が無くなっているのは確実なので、ふじの元気のためにも、やはりお友達をお迎えするのが正解なのかも知れません。

果たして、栄えあるふじのお友達大賞は誰の手に?

最近放鳥中のふじをケージに戻そうとすると、戻りたがりません。ケージ入り口手前でズババッと逃亡します。繰り返すこと10回以上。ご飯でおびき寄せる作戦も今のふじには一切通用せず、根気強く繰り返すしか無いのですが…; メタルラックの上に乗られると本当に肩が痛い…
posted by コトノハ at 12:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

HAPPY BIRTHDAY

おはようございます。
本日、ふじとしぃらの誕生日です!:*.;".*・;・^;・:\(*´v`*)/:・;^・;・*.";.*:

二人を我が家に迎えてから早九ヶ月。
沢山沢山色んな事がありました。
今回は記念すべき誕生日!という事で、色々振り返っていきたいと思います。

IMG_2347.jpg

これは7月21日撮影、迎えて間もない頃ののふじ。今と比べると物凄く幼いですよね。
蝋膜の色は淡く、クチバシは茶色く染まっていた頃。
昔も今も怖がりなふじですが、この頃はしぃらよりも手乗りに慣れていた気がします。

IMG_2389.jpg

7月31日撮影のしぃら。こちらもとても幼いです。小さくて丸っこいですよね。
もっと単独での写真を沢山撮影しておけば良かったのですが、動画ばかりでした;
この頃のしぃらは指を差し出すと噛みついてきてばかり。
昔も今もふじに噛まれるより痛いです。この子は力加減を知りません。
名付けについて。二人とも私が付けました!(自慢)
「ふじ」はすぐに決まったのですが、「しぃら」については二日ぐらい悩んでいた記憶があります。なるべく素直な名前にはしないでおこう、と思っていたので、色々捻りましたが家族には猛反発をくらい、結果今の名前になりました。ベストネーミングでは無いでしょうか!?
決まっていなかった頃、二人を呼ぶ時「ふじ〜、黄色いの〜」と呼んでいた時期も少しだけ(笑)。へそを曲げていなければ良いのですが。

IMG_2000.jpg

♪そんな〜時代も〜あ〜ったねと〜、というBGMがまさに頭の中を駆け巡っていますが、この頃は不勉強な私達は二人を同じケージに入れて、ご飯入れも一緒にしていました。この頃はこんなに仲良しだったんですよこの二人! 今では二人で同じ釜の飯を食う、なんてのは以ての外で、並んで別々のご飯を食べる時ですらド突き合いの喧嘩が始まってしまいます。いつかこんな穏やかな日々がまた来るのでしょうか。
手狭なリビングという事もあり2台置くには場所的に結構苦しかったのですが、家族の頑張りもあって、今のふじ&しぃらスペースが一角に設置されました。

IMG_2504.jpg

二人で毛繕いをしあう姿(どちらかと言えば一方的にふじが"せめて"いますが)は今となっては貴重です。
私がブログを始めたのはこの後ぐらいで、「育て方はこれでいいのだろうか?」「こういう時はどうすればいいのだろうか?」という疑問難問が沢山あって、心が折れそうになった事もありました。

最初の頃は食べ物についての悩みは多かったかも知れません。

IMG_2540.jpg

8月17日撮影のふじ。食べる時のこのトロンとした「目つき」は、ふじの最大の特徴です。
ちなみにしぃらはこんな感じ。

IMG_2715.jpg

こちらも必死! 食いしん坊なのはしぃらの方ですが、しぃらはあまりカロリーの高くない物を好み、ふじはカロリーの高い物ばかり食べているので、体重にはみるみる差がついていきました。しぃらは病気ばかりしていたのもその原因の一つかも知れませんね。

IMG_2706.jpg

飼い始めから1ヶ月近く経って、野菜を食べられる様になった二人。
食べられるものがどんどん増えて行ったのは嬉しかったし、楽しかったですね。
セキセイインコが食べていい野菜についても随分調べました。諸説色々ありますが、このまとめが役に立っていると嬉しいです。

IMG_2488.jpg IMG_3240.jpg

そしてこの頃になるとかなり手にも慣れてきて、ご飯を手に載せていないと乗りづらかったのですが、手の甲を近づけるとほぼ9割ヒョイっと乗っかってくる様になりました。それを見て「なつかないセキセイインコをなつかせるまでブログ」目標達成により終了!と声を大にして言いたかったのですが、時には相手にされない事もあって、本当にインコって気まぐれ……。

そんな紆余曲折の日々の中、9月末頃からはしぃらが疥癬症(ダニの病気)にかかり、通院。
鳥を診察出来る動物病院を探すのはなかなか大変でした。

IMG_3499.jpg

蝋膜がカサカサで、とても痒かった事だと思います。
今ではすっかりキレイになりました。ブログでは「今日のしぃちゃん」のコーナーを設け、投薬を始めてからの経過観察を行っていましたね。
本当にしぃらは苦労の連続でした。
2015年に入って、鳥を診察出来るだけではなく、そろそろ特化した病院を探しておこうと思い立って、調べに調べた所、ぴったりのお医者さんを見つける事が出来ました。
そしてそれから間もなくしぃらがメガバクテリアの感染により体調を大きく崩し……。

IMG_6525.jpg

体重がどんどん減っていって命の危機でしたが、色んな幸運が重なり、ブログでは沢山の方達にアドバイスを頂き、元気づけて頂き、祈って頂き、そして今、しぃらは生きています。多くの方々に感謝です。

IMG_6840.jpg

そんなしぃら、最近ではしきりに顔を突っつきたがります。
実は顔を突っつきたいのではなく、鼻の穴をほじくりたい、という事が分かりました(汗)。
私や家族の手に乗ると、前傾姿勢になって顔に飛びかかろうとします。
是が非でも鼻の穴をいじくり回したい様です。

IMG_6797.jpg

手で顔をガードしたりすると、思い通りに行かないからか「ギャッ!」と怒って来るんです。
この状況、なついている、というには何となく違いますよね……;
名前を呼べば飛んで駆け寄ってきてくれて頭をナデナデもさせてくれてなんて思い描いていた理想の姿はどこに!?

とまあ沢山の苦難がありましたが、今のところ、ふじもしぃらもとっても元気に過ごしています。
今後の予定ですが、健康診断はゴールデンウィーク明けに行きたいと思います。
ブログの更新頻度が少なくなって寂しいという声もあると思いますが、便りが無いのは平和な証拠…ということでどうかひとつm(__;)m

大変長くなりましたが、まだまだ書き足りない事は沢山あります。
しかしこの後すぐにお仕事ですので、ひとまずここまでという事で!

これからも私達とふじとしぃらを、よろしくお願い致します!
posted by コトノハ at 08:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

鳥を見るカフェ

おはようございます。
お泊まり旅行の二日目、兵庫県灘区に「とりみカフェ ぽこの森」という鳥カフェがあるので行ってきました。セキセイインコやオカメインコはもちろん、文鳥や十姉妹に至るまで沢山の小鳥がいます。

鳥がぱたぱた飛んでいる「鳥カフェ」ではなく、お客様の席と空気的接触が一切無いガラスの向こう側で遊んでいる鳥を眺めながら、お客様にお茶を楽しんでいただく「鳥見カフェ」です。
ということなので、小鳥大好きな人にとっては小鳥たちと触れあえないというのが大変残念ではありますが、それでもガラス越しに遊んでいる小鳥の姿をのんびり眺めていると時間の経つのを忘れてしまいそう。

IMG_6267.jpg

部屋の中で思い思いに過ごす小鳥たち。20羽ぐらい居たと思います。
席近くまで寄ってきてくれた人懐こそうなオカメインコちゃんとか。

IMG_6266.jpg

ちょっぴりしぃらに似ている子もいたり。

IMG_6265.jpg

カレーやスイーツなどメニューも豊富で、それぞれに色んな小鳥のモチーフが添えられていたり。
こんな可愛らしいココアやパフェもあります。

IMG_6263.jpg IMG_6264.jpg

沢山の鳥グッズも置いてあって、なかなか楽しい空間でした。
運が良かったのか時間帯が良かったのか私達が訪れた夕方は比較的空いていました。
食べログなどを見ると結構お昼に予約される方が多いみたいですね。
興味がありましたらぜひ訪ねてみてください!

(お店の情報)
とりみカフェ ぽこの森
http://birdcafe.jp/
兵庫県神戸市灘区城内通3-2-14 スパイスビル 1F
営業時間:13:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:月、火曜日
阪急「王子公園駅」西口より南へ 徒歩3分
(2015年1月12日現在の情報です。)

ふじとしぃらが登場せずなんとなく食レポブログっぽくなってしまいましたが、
次回は東急ハンズで買ってきた二人へのお土産のお話を。
posted by コトノハ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

冬支度(補足)

こんばんは。
遡ること先月、「冬支度(中編)」の記事で完成させていたペットヒーターの「カゴ」について、補足して書きたいと思います。

IMG_5995.jpg

ふじとしぃらが外で遊んでいる時やケージの中から直接ヒーターに触れてやけどしない様に、amazonで「ねずみ獲り」を購入し、改造して使っているのですが、ヒーターから出ている電源コードの部分がどの様になっているのかコメントでご質問いただきましたので、写真入りでピックアップします。

フタはヒーターの出し入れ、掃除が簡単な様に、この様にパタンと開く様になっています。

IMG_5996.jpg

注目すべきはフタの付け根、いわゆる蝶番の部分です。

IMG_5997.jpg

この部分をギリギリ、コードが通る様になっているんです。ねずみ獲り器にもよるのかも知れませんが、ここを通せば開け閉めしてもコードが引っかかりません。ねずみ獲りの隙間の穴を壊して広げずに済みます。

IMG_5998.jpg

横から見るとこんな感じですね。

IMG_6001.jpg

いかがでしょうか!?
ご参考になれば幸いです。
posted by コトノハ at 19:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

険悪と発情のあいだ

おはようございます。といってももう16時。
いつも撮影に使っているiPhoneの容量がついに満杯になり、
「これ以上は撮れません!」と怒られてしまいました。
写真が約2500枚、ビデオが約505本。
ほぼふじとしぃらの写真とビデオだけで容量を食い尽くしている感じです。
128GBの一番容量の大きなiPhoneを買っていたんですけどね〜、、
撮り過ぎてバックアップも大変そうです(>_<;;

というわけで整理を行っていたのですが、こんな懐かしい動画が出て来ました。
多分これ非公開だったと思うのです。
撮影日は8月6日。すなわち4ヶ月前。
ふじとしぃらがまだ仲良くしていた頃の動画です
今はもうこんなシーンを見ることが出来ませんので、超貴重!永久保存版!と言えます。



二人ともかなり幼いです!
もうこんなラブラブな光景を見る事は出来ないのかなぁと思うとかなり悲しくなります。
今やふじが近づくとしぃらが逃げてギャァスカギャァスカ暴れまくるので、、。
やはり成長により自我が芽生えて、気の合わない二人になってしまったのでしょう。
「複数飼いはインコちゃん同士が仲良くなり過ぎて飼い主に見向きもしない」って法則がありましたけど、今はふじ・しぃら・飼い主の三者間でギスギスムードになってしまっている状態。もう少し時が経過すれば意識が変わってくるのかも知れませんが、みんなが仲良くなる方法ってやっぱり無いんでしょうかね。

ふじがしぃらを見て興奮して近づき、しぃらがふじから逃げたり興奮して飛び回ったりしている事から、一応は「発情期」である可能性も考慮しているのですが、具体的な発情行動らしい物が本当見られず、家族共々、確信を得るに至っていません。物や飼い主家族に対する発情、という線はとりあえず無さそうです。
ネットで調べてみた結果、発情期の対策としては、
・体重を増やさない
・おやつを与えすぎない
・メスの背中をなでない
・睡眠時間(暗くなる時間)を十分取る
・夏は涼しくし過ぎず、冬は暖かくし過ぎない
・小さなストレスを与えて、常に安心して過ごせる環境にさせない
こういった物があるそうですが、体重はキープ。おやつもほどほど。背中はそもそも撫でさせてくれる事が殆どなく。最近は19時半前後には寝かせて、翌朝8時過ぎに起こしているので、睡眠時間は十分取れているはず。
しかし最後の2項目についてはかなり難しいですね。極端に暖かいという事は無いのですが、部屋が寒いと我々が風邪を引いてしまいそうですし。極端な温度設定にはしていないつもりです。
「小さなストレスを与える」その度合いも難しそう。おもちゃを入れ替えたりケージを入れ替えたりするのがベターらしいですが、実際の所どうなんでしょうね。嗚呼、近くにこの手の専門家が欲しい…(T_T;;

さきほどとの比較と言うわけではありませんが、今日の動画もアップしておきます。
これは本当に発情? それともただの喧嘩? 明らかにラブラブでは無さそうですが…

posted by コトノハ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

師走に入って

おはようございます。
相変わらず、激務で多忙な最近です。ブログの目標「できれば毎日更新」の達成がいよいよ危うくなってきていますが、もう少しだけ頑張りたいと思います。
それにしても自分で言い出してあれですが、毎日って本当大変なんですよね。特に何事もない一日の方が多い上、仕事が忙しいとそれほど構ってもいられませんから、うわーー書くことが無いーーどうしよーーと私自身がオカメパニックの様な状態を引き起こしています。こういうのを毎日何年に渡っても続けられるのってある種才能なんでしょうね〜。

プロフィールの写真をふと眺めていて、まだ4ヶ月しか経ってないのに随分変わったなぁ…と思います。
↓この写真は7月に撮影したものですが、

IMG_2335.jpg

ふじのクチバシの色とか全然違いますよね。身体の色も薄い。
しぃらもかなり細身な気がします。
まだ互いに仲が良かった頃の二人…(T_T;;
今では考えられませんが、二人で毛づくろいし合ってたりもしたんですよね〜。。
いつから蹴っ飛ばし蹴っ飛ばされの仲になってしまったのやら、、
(この原因ってそう言えばなんなんでしょう。一緒に生活してみて自我が芽生えて馬が合わなくなった、という事なのかも知れませんが…)

この間、珍しく同じ様な構図でまともなツーショットが撮影出来ました。
↓2、3日前撮影の二人です。
IMG_5496.jpg

二人とも大きくなったなぁ…(しみじみ)
横にでかくならなければいいんですけどね。

そう言えば相変わらずふじもしぃらもいまだに性別不明ではありますが、、

IMG_5622.jpg

果たしてふじは女の子で確定…という事でプロフィールを更新してしまって良いんでしょうかね〜。ろう膜の色は何となく青みがかって見える気もして、青いと男の子と言いますが。ただ、アクロバット的な動きを多くする所は、やはり女の子ぽいのか、そろそろ長年(長月?)続いたこの性別問題、片を付けたいところですね。
しぃらの方はほぼ男の子で決まりでしょうか。蝋膜は全体的にピンク色です。オパーリンなどは成鳥で青くなるみたいですが、ハルクインなのでピンク色のままらしいですから。
posted by コトノハ at 13:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

悪戦苦闘の朝ごはん

おはようございます。
今年も残す所わずか50日、季節の移ろいは早いものですね。
ふじとしぃらを迎えたのが7月19日。時期的にはもうすぐ4ヶ月目、生後だともうすぐ7ヶ月目に突入します。ブログを書き始めた当初と比べて色んな変化がありましたが、二人の最近の住居環境については結構ざーっと書いてしまっていた節があるため、今回は改めて、最近悩んでいる問題も絡めてきちんとまとめてみたいと思います。

まず、二人のケージを乗せているおなじみのラックがこちら。

IMG_5104.jpg

自分で組み立てる必要はありますが、ネット通販で3,000円程度で買えます。
ケージを置く台には段ボールを敷き、

IMG_5105.jpg

さらにその上に新聞紙を敷いています。
床から台までの高さは50cm。飼い主家族が床に膝をついて目線を合わせられる高さです。

IMG_5106.jpg

こちらがしぃらが生活しているお家です。
※サーモスタットの黒いケーブルは気にしないでください、今朝寝室から運び立てで撮影したので雑に置いているだけです。
マルカン社の「バードパレス マリーン」というケージです。飼い始めと同時に右も左も分からないまま店員さんの勧めで購入したもので、初期はこの中に二人とも入れて飼っていました。

軽くて持ち運びしやすいのですが、難点として、

IMG_5107.jpg

入り口がここまでしか開かないんですよね(~_~;
これで限界です。ケージの天井がパカッと開くタイプでもありませんので、しぃらの出入りはここからか両隣のご飯入れの所を開けて通るしか無いわけです。
最近ブログに「朝ご飯を入れようとしてガブリと噛まれる」という悩みを打ち明けていましたが、このケージで入れ替え作業を行うには、

IMG_5112.jpg

こういう感じになります。
私は手が大きいくせに不器用なため、スムーズに設置出来ずにモタモタしているとガブリとやられます。たまに思い切り噛まれると思わず手がビクッとなって、ケージ床にエサ入れのご飯をバシャーッとひっくり返してしまいますね〜(>_<;;
設置のモタモタには実は手を入れる入り口が狭い以外にもう一つ理由がありまして、それは後述します。

続いて、

IMG_5115.jpg

こちらがふじのお家。
同じくマルカン社の「バードパレス パーム」という品です。
なんか通販番組みたいになって来ていますが、決して宣伝でもレビューでもございません!
サイズはほぼ同じですが、こちらの方が若干重く、中は広めです。組み立てが結構難ありで、噛み合わずにカチッとうまく填まらないなど苦労はありましたが、使い勝手はかなり良いです。

というのは、ケージの入り口が、

IMG_5117.jpg

こ〜んなに開くんですよ!
上下ではなく手前にパカッと開くタイプなので、開けたまま作業が出来ますしね。
開けやすく出入りがしやすいので、お医者さんに連れていく時はこちらのケージで行く事が多いです。
扉にそのまま止まり木がついていて、ふじは奥の止まり木では無く扉の止まり木にいつも止まって放鳥タイムを待機しています。
中も結構広いので、

IMG_5123.jpg

身体を動かすことの多いふじにはこちらのケージを割り当てる事になったわけです。
この広さのため、しぃらのケージと比べるとご飯の入れ替えはしやすいのですが、手をケージに入れて作業をする事には変わりないので、今度はふじにガブリとやられます。

それで、スムーズにご飯を与えられない理由のもう一つとして・・
一つとして・・・
って・・・・、、、

IMG_5108.jpg

こらこらこら!!
撮影準備の最中に、しぃらがふじのご飯に飛びついてきました。。
どこまで食い意地がはってるのこの子!

気を取り直して、、

IMG_5118.jpg

このエサ入れ、微妙に填まりにくくて引っかけにくいんです。かなり硬いです。
常にケージに引っかけておいてスプーンでご飯補充するのが理想の使い方ではあるのですが、殻付きのご飯なので、殻の処理のためにも出し入れしないわけにも行きません。
「よいしょっと・・あれ?えーっと、んーと」って感じで設置しているうちに、早く手を引っ込めろと言わんばかりに「ビビッッ!」と強い鳴き声が放たれ噛まれます(>_<;;
前に使っていたケージ付属の容器は深くて食べにくそうにしていたので、ご飯を沢山入れてカサ増しする事で食べやすくするという強硬手段に出ていました。それを考えると、食べやすさはこの容器は抜群なんですけどね。きっと噛まない賢いインコちゃんなら何の問題も無いと思います。

とまあ長くなりましたが、二人の住まいと、それに関連した最近悩んでいる問題は概ねこんな感じです。
今後解決していけばいいのですけどね〜。
posted by コトノハ at 10:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

【まとめ】与えていいとされる野菜のまとめ(2014/09/05更新)

緊急企画!
一般的に「与えていい」とされる野菜、また「与えていい野菜」とされている情報のうち賛否両論のあるものもまとめています。「与えてはいけない野菜」についてはひとまず書かない方向とし、少なくとも主はこのリストに載せていない野菜は食べさせません

与えていい野菜(五十音順)
○アスパラガス
○枝豆(豆類に含まれるレクチンが毒性。必ず茹でる)
○大葉
○オオバコ
○オカヒジキ
○カブの葉
○カボチャ(茹でる。糖分が多いのでおやつ程度に)
○グリーンピース(加熱済みのものを)
○クローバー
○小松菜
○さつまいも(茹でる)
○セロリの葉(スジや繊維は取る)
○そら豆(茹でる)
○大根の葉
○ターサイ
○たんぽぽ
○チンゲン菜
○豆苗(メスのみ発情を促すことも。与えすぎ注意)
○トウモロコシ(加熱するとそのうでカビが生えやすいため生で与えるのがいいとの情報)
○ニンジン(葉と頭にシュウ酸。真ん中から先までの部分を与える)
○ハコベ
○バジル
○パプリカ
○ピーマン
○ブロッコリースプラウト
○まびき菜
○水菜
○三つ葉
○ミント
○ヤングコーン(茹でる)
○ラベンダー
○ルッコラ

与えていい野菜の内、賛否両論のあるもの(五十音順)
△かいわれ大根(辛すぎてそもそもあまり食べないとの情報)
△キュウリ(水分が多いので与えすぎ注意)
△空心菜(シュウ酸あり。与えたい時は茹でる)
△春菊(食べた直後に日光浴させない方が良いとの情報)
△トウガラシ(器官に炎症がある場合は与えてはいけない)
△トマト(酸性なのでよくないとの情報。賛否両論)
△ニンジンの葉(シュウ酸が多い)
△白菜(栄養価が低く水分が多いので与えすぎ注意)
△パセリ(食べた直後に日光浴させない方が良いとの情報)
△ブロッコリー(甲状腺腫を誘発する物質ありとの情報)
△レタス(栄養価が低いので与える価値は殆ど無い)

この他、情報提供お待ち致しております。

※上記は様々な文献およびインターネットで収集した情報からまとめたものです。注釈のある野菜以外でもまだまだ賛否両論はあるかと思いますが、万が一問題が発生しても当方では責任は負えませんので、あくまでも参考文献の一つとしてお読みくださいませm(__)m
posted by コトノハ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

おさらい

おはようございます。
ふじとしぃらをお迎えしてからちょうど1ヶ月ということで、飼い始めの頃と現状までの変化と試行錯誤の日々を少しまとめてみたいと思います。

(1) ケージの数
元々この2人はショップで1台のケージ内に飼われていたので、安心して1台のケージ内にて飼い始めました。
初日ふじはすんなり手に乗ってくれたのに、2〜3日してからは乗らなくなりました。このブログの発端がこれですね。それからはどうも2人がストレスを感じている気がして、本やネットを調べてみた所「ケージは別々にした方がいい」とありましたので、これがストレスの一因なのかと思い、慌てて買いに行きました。
見た目的にはこの子達の心境の変化は分かりませんが、それぞれどれぐらいご飯を食べたのかが把握しやすくなったり、フンの状態も判別でき、私達が外出するなど人の見ていない所で喧嘩をして怪我をするといった心配も無くなったので、この判断は正解だったと思います。

(2) エサの投入量
ケージに入れるエサの量は十人十色でした。「毎日5gずつ入れておく」「毎日15gは与える」「たっぷり入れておけば勝手に適量食べてくれる」などなど、色んな意見があってどうすればいいか悩みました。
ひとまずは「1日5g程度食べる」という情報を参考にし、1人5gとして2人分、計10〜15g分のシードを箱に入れていたのですが、2〜3日後にしぃらがやや凶暴化した気がして、(1)同様、エサの量についても見直す事にしました。よくよく考えると与えているシードは殻付きなので、食べる部分は更に少なくなるんですよね。骨付きのお肉みたいなものです。
そう考えケージを分けた際に入れるエサを多めに増やし、食事量を測った所、どちらも7gずつ食べている事が分かりました。
最近のブログにも書きましたが、しぃらの方は食べる事に非常に貪欲で、自分が食べているのを邪魔されるのが物凄く嫌いな性格です。放鳥中でもしぃらが何か食べている時にふじが横から食べようとすると物凄い剣幕で怒り出しますので、1ケージ内で飼うとふじがいつまで経っても食べられないという状況に陥ってしまいます。
また、ふじの方はどうも食べるのが下手で、今のエサ箱だと立ち位置が高すぎるせいか、どしゃんと箱の中に落ちてから食べるということを繰り返していました。浅い器に入れると気持ちよさそうに食べます。うまく食べられないせいでストレスを感じている可能性もあるので、浅めの箱をネットで注文している所です。

(3) 睡眠時間の変化
次に、睡眠がうまく取れていないことが、ストレスの一因なのかも知れないと考えました。
飼い始めの頃はリビングでずっと過ごす様にしていました。深夜私達の寝る時間に合わせてケージにカバーをかぶせておやすみしていましたが、「日の入りぐらいで寝かせた方がいい」という情報を受けて、それでも家族の帰宅時間の関係で20〜21時頃になりますが、睡眠時間を3時間程度早める事となりました。
そしてふじとしぃらがより熟睡出来る様にと、睡眠時間には真っ暗な寝室にケージごと移動してカバーをかぶせ、朝になるとまたリビングに移動する事にしています。
毎朝ケージは軽くは無いので一台ずつ運ぶのですが、十数秒の間、ふじが鳴き通しです。多分しぃらの姿が見えなくなる事が嫌なんですね。

(4) ブログを書くこと
家族より「育成日誌」を書く感覚で、ブログを書くのはどうかという提案があり、あわよくばアドバイスがもらえるかも知れないということで、始めてみました。文章を書くのは好きですが「ブログを起ち上げる」のが非常に億劫で、なかなか踏み込めずにいましたが、頑張る事にしました。
ほぼ日々の記録を綴るだけの親馬鹿なブログになりつつありますが、もし何かの情報で検索して来られた方が、このブログを見て何らかのお役に立つ事があれば嬉しいです。

(5) 日光浴
飼い始めの頃はそれほど重要視していませんでしたが、日光浴は体内栄養を作るために必要不可欠なことなので、出来るだけ時間を取ってやりたいと思います。曇りや雨の日はスパイラルライトを使います。

(6) 水浴び
先日、念願の「本気水浴び」が叶いました。
以前は飲み水入れに誤ってジャボーンと転落しただけに見えましたが、今回は完全に、全身運動です。
記念に動画撮影してみました。



(7) 鳴き方
現在、出来るだけ多めに放鳥タイムを設ける事にしました。
これについてはもう少しきちんとしつけた方がいいと自分でも分かっているのですが、彼らの「出せ出せオーラ」が本当にとんっでもないもので、2人してギャギギギャギギャピィィッピィッとかなり大きめに鳴くため、手狭な賃貸ハイツでのご近所迷惑を避けるために、落ち着かせる事を優先しています。
飼い主−インコ間だと「呼び鳴き」は無視しておけば収まるor鳴きが収まったら構ってあげるという情報はどこにでも書かれているのですが、インコ−インコ間の呼び鳴きはどうしても避けられず、部屋の一番隅っこから別室の一番遠い所に離しても結局鳴き声が聞こえてしまうので収まりません。
すぐ傍に居てもピィッピィッと大声で呼び合うので、かなりご近所さんにびくびくと気を遣いながらの生活となり、その点では私自身がむしろ泣きたい!(汗)。。(3)でも書かれているふじの呼び鳴きは凄まじいレベルなので、なにか落ち着かせるいい案があると嬉しいのですが、、

この一ヶ月で変化、試行錯誤はこんな所でしょうか。

まとめとして私自身の心境変化について、
この子達を迎えてから、
仕事の効率は微妙に落ちて、
ご近所さんに気を遣ってビクビクする事もありますが、
まあ、
それ以上に、楽しいですよね!
ドラクエ10にインする時間はずっと減りました。
iPhoneで写真や動画を撮影する時間がぐんと増えました。
生き物を飼うのは初めてで、勉強出来た事も沢山ありますし、
優しい音楽に耳を傾けながらウトウトするふじとしぃらは愛らしいですし、
自分の手や肩に乗ってくれて、
ちょこんと、こういう姿を見ると、

IMG_2577.jpg IMG_2584.jpg

ね!
とっても癒やされますよね!!

迷いスズメを最後まで責任持って育ててやれなかった罪滅ぼしでもありましたが、
この子達には私達とのふれあう中で、幸せになって欲しいと思います。
posted by コトノハ at 09:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。